ズッキーニの栄養効果と効能 知らなきゃ損してるかも!?

37287487ecfe54c73b8da45a222e2a9a_s

最近は野菜売り場でも見かける事が多くなったズッキーニ。

見た目は「きゅうり」みたいだけど、実は「かぼちゃ」の仲間。

ペポカボチャの熟していない状態がズッキーニです。

料理への使い方は油との相性が良い点などは「なす」に似ています。

なんとも不思議な野菜ですが、最近はイタリアンメニューでの人気も高いです。

そんなズッキーニにはどんな栄養があるのでしょうか?

そして、その知られざる効能を知ったあなたは、

きっとズッキーニの恩恵に預かれることでしょう。

 

スポンサーリンク




ズッキーニの栄養と効果

ズッキーニはだいたい1本が200gくらいです。

1食で食べられる分量は半分くらいですので、100gあたりのズッキーニの栄養素を

充足率の多いものからランキングで示します。

ズッキーニの栄養成分は生のズッキーニのデータを使用しています。

ここでいう充足率とは30歳未満の成人女性が1日に必要とする栄養素の内

何%を満たせるかを示したものです。

 

1位  ビタミンK   (69%)  35μg

2位  モリブデン  (30%)  6μg

3位  ビタミンC   (20%)  20mg

4位  葉酸     (15%)  36μg

5位  カリウム   (13%)  320mg

6位  銅      (10%)  0.07mg

7位  マグネシウム (9%)   25mg

8位  食物繊維   (8%)   1.3g

8位  ビタミンB6  (8%)  0.09mg

 

かぼちゃの仲間ということで、カロテンが多いようなイメージがありますが、

色があまり赤くありませんので、含量もさほど多くはありません。

しかし、ビタミンKがとても豊富です。

ビタミンKは女性が気になる骨粗しょう症予防に注目のビタミンです。

また、ビタミンCやカリウム、マグネシウムなども多く含んでいます。

夏の暑さで汗で失ってしまったミネラルバランスと整え、

強い紫外線からビタミンCでお肌も守ってくれます。

実に夏に最適な健康野菜ですね!

 

スポンサーリンク




ズッキーニの効能の調査

ズッキーニはペポかぼちゃというかぼちゃの一種です。

かぼちゃには様々な種類があり、世界には約800種類もあるそうです。

紀元前7000年のメキシコでは既に栽培されていたようです。

それ故、薬としての使い方もたくさん知られています。

また、熟したズッキーニ(ペポかぼちゃ)からは熟した種が取れ、

その種からは油(パンプキンシードオイル)が取れます。

薬効としての伝承の多くはこの種にまつわるものです。

今回は私たちが日常的に食べているのは、野菜としてのズッキーニですので、

野菜(実)の部分の効能に限定して調査してみました。

 

ズッキーニの効能の伝承

数は少ないもののやはり世界中で栽培されているだけあって

幾つか見つけることが出来ました。

・風邪や鎮痛 (モンゴル)

・疲労回復、喉の渇き、血液浄化 (アメリカ北西部)

このアメリカの伝承はあながちただの言い伝えでもないかも知れないのです。

 

ズッキーニの効能の研究成果

ペポかぼちゃの研究の殆どは「種」についてのものです。

種についての効能は、前立腺肥大症、肝機能、抗がん、抗炎症などなどです。

しかし、ズッキーニ(ペポかぼちゃの実)にも私たちが全く知らない効能がありました。

ズッキーニ(ペポかぼちゃの実)には、食物繊維が含まれますが、

その中に含まれる多糖類が糖尿病に有効である事が示されていました。

Central South Pharm 1:275-276

Effect of pumpkin polysaccharide granules on glycemic control in type 2 diabetes.

「2型糖尿病患者におけるかぼちゃの多糖類顆粒の血糖値調整効果」

実際に30人の2型糖尿病患者の人にかぼちゃの多糖類を4週間摂ってもらったところ、

血糖や尿中の糖も低下していた、というものでした。

 

まとめ

5154ccf3c4b45d249f730595803f1aa9_s

ズッキーニはビタミンK、ビタミンCなどのビタミンをはじめ、

カリウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富な女性に優しい、夏に最適な健康野菜です。

ズッキーニには食物繊維も含まれているので、血糖値を下げる作用もあります。

糖尿病の人でなくても、食後の血糖値の上昇を穏やかにすることは健康に良いので、

ズッキーニのパスタなどの食べ方は理にかなった食べ方と言えますね。

 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ