安い輸入牛肉でも美味しくステーキにする方法!

b526c069ce6bdd2c798498dee030815c_s

普段は節約やダイエットで、さっぱりメニューでも

良いことがあった日や記念日には「ステーキ」は良いですよね。

食べに行くと大変な出費。

でも、手の届く外国産の輸入牛肉でも

焼き方次第では、極上ステーキに仕上げる事ができます。

逆に言えば、どんなに高価な国産牛肉も焼き方が下手だと美味しくなくなります。

それくらいステーキは焼き方が重要なんです。

 

スポンサーリンク




ステーキの美味しさの要素

ステーキの美味しさには人の好みもありますが、

①香ばしい香り

②お口の中にジュワーッっと染み出す肉汁

③柔らかさ(筋ばっていない)

この三要素が揃っていないといけないのではないでしょうか?

まず、焼いている時から立ち込める香ばしい香り。。

そして、一口目を口に入れた瞬間に、肉の旨みをたっぷり含んだ肉汁がジュワー!!

そして、まるで溶けるように口の中から消えていく柔らかさ。

これぞステーキの醍醐味ですよね。

でも、ステーキなんて家庭で焼く経験ってそんなに無いから

焼きすぎてしまってパサパサ。 口の中に筋が残ってしまう。

中途半端に安い肉だからと、肉のせいにするのは間違い。

オーストラリア産の牛肉でもオーストラリアの人は上手にステーキにして食べているワケですから。

 

スポンサーリンク




美味しいステーキを焼く方法

美味しいステーキを焼くためには、

家庭ではやっていないいくつかの簡単なポイントがあります。

このポイントを守るだけで、ステーキの味が格段に上がります。

また、輸入牛肉特有の臭い取りの方法はこちらをどうぞ。⇒外国産牛肉の臭み消し!安くて美味しいステーキ!

 

ポイント① 牛肉は室温に

冷蔵庫で保存しているお肉。

冷蔵庫から出して、すぐに焼くのはNG

30分ほど置いて室温に戻しましょう。

お肉は一気に表面を焼きたいので、

火力の弱い家庭用コンロでは冷やされたお肉は焼きムラの原因になります。

 

ポイント② 筋きりは必ず

脂身と赤身の間や肉と肉の間には筋があります。

2~3cmくらいの間隔で包丁で切れ目を入れておきます。

全体的に筋が多そうな肉なら、更に、フォークで全体的にブスブスやっておきます。

すると、焼いたお肉が噛み切れない!なんてこが無くなります。

 

ポイント③ 香りは国産牛脂とニンニク

フライパンを火にかけ、牛脂(できれば和牛の牛脂)を溶かします。

粗熱をとって、弱火でニンニクのスライスをいれ、

こんがりパリパリになるまで炒め、キッチンペーパーに上げておきます。

フライパンに残った油には、このニンニクの香りと牛脂特有の香りが溶けています。

この油を使ってステーキを焼くことで極上の香りを付けられます。

特に和牛の牛脂は香りの成分が複雑で

なんとも言えないあの「牛肉の香り」を醸し出してくれます。

 

ポイント④ 塩コショウは焼く直前に

ステーキの表面に塩コショウを振ります。まずは表面だけ。

しかも、フライパンに入れる直前です。

早々と塩をすると、旨みが肉汁とともに流れ出してしまします。

 

ポイント⑤ 思い切って強火で焼く

先ほどの油の残ったフライパンを強火にかけ

香り付けの牛脂を足し、煙が出るほどになれば

塩コショウした面を下にお肉を投入!

約1分焼きます。 (肉の表面に肉汁が浮いてきます)

さらに塩コショウを振りかけ、裏返します。 (火は強火のまま)

 

ポイント⑥ 焼き加減は裏返してからの時間で調節

裏返してからの焼き時間で焼き加減を調節します。

目安として、

30秒 : レア

60秒 : ミディアム

90秒 : ウェルダン

くらいでしょうか。 秒数はあくまで目安にしてください。

火力やフライパンによる差が大きいので。

それでは見た目で分からない焼き具合を判断する方法!

それは、ステーキを押した時の感触です。

d08edf320e9885e9cd4dc8bff374ca3f_s

この写真のようにOKサインをしてみた時、

親指の付け根を押してみてください。

この感触がレアです。

そして、親指と中指をくっつけた時

親指の付け根の硬さがミディアムレア

薬指と親指の時がミディアム

小指と親指の時がウェルダン

と言われています。

前もって感触を確かめて置けるので安心ですね。

 

ポイント⑦ ホイルで余熱調理

ここまで来たらもうすでに美味しそうなのですが、

ここでももうひと手間。

フライパンのステーキを取り出し、ホイルに包みます。

ホイルのそこの部分は魚焼き網などにしておいても良いです。

冷めないようにコンロの上などで3~5分間休ませます

この手間で肉汁を閉じ込め柔らかみが増します。

 

まとめ

家庭でステーキを焼くときに忘れがちなポイントは

①牛肉は室温に戻すこと

②筋きりは必ず行うこと

④塩コショウは直前

⑦ホイルで包んで休ませる

ではないでしょうか?

この4点だけでも随分変わるとは思いますが、

せっかくになので、①~⑦までのポイントを惜しまずに行って

特別な日のステーキを極上にしてみてください。

 

スポンサーリンク




One Response to “安い輸入牛肉でも美味しくステーキにする方法!”

  1. […] 美味しくステーキを焼く方法はこちら。⇒安い輸入牛肉でも美味しくステーキにする方法! […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ