山芋と長芋の違いは?長芋の栄養と効能

4735cc43be72884636d4f270a42e138e_s

 

居酒屋でメニューにあれば必ず頼んでしまう

「長芋たんざく」

でも、あれ!? 「山芋たんざく」だったっけ?

トロロにしているのは 「山芋?」「長芋?」

だんだん分からなくなってくるでしょ?

ここらで一つ、明解にしておきましょう!

そして、長芋の栄養価や効能についてもご紹介します。

 

スポンサーリンク




山芋と長芋の違い

山芋と長芋の違いをややこしくしている原因は、

「山芋」という呼び方がトロロにして食べる芋の総称であったり、

特定の種類の芋の事であったりするからです。

山芋とは

山芋とは、いわゆる自然薯、長芋、大和芋の3種類の総称としていることがあります。

自然薯とは

自然薯は日本固有種で、もともとは野生に生えている芋を指します。

「山で採れる芋」だから「山芋」とも呼ばれるのでしょうか。

山芋 ≒ 自然薯 と解釈されている場合もあります。

実際に野生の自然薯を掘り起こすことは大変です。

そこでパイプなどの中などで栽培され、野生ではない自然薯を畑自然薯と呼びます。

見た目の特徴はいびつにクネクネした細長い芋です。

トロロにすると、粘りが強いのが特徴です。

長芋とは

中国が原産で、栽培された芋です。

これが一番メジャーですね。 たいていのスーパーで売っているのは長芋です。

見た目は比較的まっすぐな円柱形。 皮の色も薄く黄色っぽい。

トロロにしても粘りが弱く、味もさっぱりしています。

大和芋とは

これまた、ややこしいのですが、

関東で「大和芋」と言えば、イチョウ芋の事を指し、

関西では「つくね芋」のことを指すようです。

更に関西ではつくね芋のことを「山芋」と呼んでいたり、

奈良県では奈良県固有の芋としての「大和芋」があったりします。

細かい地域性があり、いろいろな呼び方の中に重複するものがあるので

とてもヤヤコシイ感じがしますが、

細長くない芋は「大和芋」と捉えれば大きな間違いはないでしょう。

大和芋も中国原産で、トロロにすると強い粘りがあります。

 

以上の関係を表にまとめました

yamaimo

この表の中でも、「山芋」は3ヶ所に出てきています。

ご自身の地元での「山芋」がどれを主に指しているのかが分からないと

とてもややこしくなりますね。

なので、山芋以外の呼び方を使う方が無難かも知れません。

ここでは、一番メジャーな長芋の栄養と効能について見ていくことにしましょう。

 

スポンサーリンク




長芋の栄養

長芋の栄養成分を見ていきましょう。

長芋はたんざくやトロロにすると、1食で約100g程度は食べられます。

それでは、長芋100gに含まれる栄養素を充足率の高いものをランキングで紹介します。

ここでいう、充足率は30歳未満の成人女性が1日に必要とする栄養素を補える割合を%で示したものです。

 

1位  カリウム   17%  (430mg)

2位  銅     14%  (0.1mg)

3位  パントテン酸 13%  (0.6mg)

4位  ビタミンB1  10%  (0.1mg)

4位  モリブデン  10%  (2μg)

6位  ビタミンB6    8%  (0.1mg)

7位  食物繊維   6%  (1g)

7位  マグネシウム  6%  (17mg)

7位  ビタミンC     6%  (6mg)

 

カリウムやマグネシウムなど、不足しがちなミネラルが多く含まています。

また、ビタミンB1やB6など、エネルギー代謝に必要なビタミンも多く含むので

滋養強壮に良いイメージはこのあたりかた来ているのかも知れませんね。

 

長芋の効能

山芋は乾燥させると、山薬という生薬になります。

山薬の効能としては、

・滋養強壮

・鎮咳 (咳を鎮める)

・止瀉 (下痢を止める)

と言われています。

また、長芋の成分研究では、ジアスターゼが含まれていて消化を助けると思われてきましたが、

その酵素活性は意外と弱いことも分かっています。

長芋の粘りの成分はムチンと呼ばれており、

なぜか粘る食べ物には精がつくイメージがありますが、ムチン自身には強壮効果はありません。

むしろ、長芋には、グルタミン酸、アルギニン、アスパラギン酸やなどの

アミノ酸が豊富に含まれていることが滋養強壮の根拠かも知れません。

 

まとめ

意外と地域によって呼び方が違う「山芋」

おそらく、居酒屋で出てくるのは「長芋」のたんざくでしょう。

ビタミンB群やミネラルを美味しく摂れて

アミノ酸による滋養強壮が得られます。

いろいろな種類の山芋を見かけたら、ぜひ食べ比べしてみてください。

 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ