オートファジーとは?【簡単に分かる】トリコにも登場?何に役立つ?

a7506fffdf63d3642e6ae2c061e5bcf2_s

2016年のノーベル医学生理学賞を大隅良典さん(東工大栄誉教授)が受賞して

一躍有名になった「オートファジー」

それまで、新聞に載ることなどほとんどありませんでした。

しかし、あの少年漫画「トリコ」の中で登場していたのです。

「オートファジー」とは、一体何なのか?

「トリコ」のような身近な話題を挙げながら解説してみます。

明日からのオートファジーについて薀蓄を語ってみて下さい。

 

スポンサーリンク




オートファジーとは?

オートファジーとは、細胞の中で起こる「自食作用」と言われるものです。

この「自食作用」という言葉さえ覚えておけば、もう知ったかぶりできます。

マンガ「トリコ」でも

「オートファジー(自食作用):栄養飢餓状態に陥った生物が自らの細胞内の

たんぱく質をアミノ酸に分解し一時的にエネルギーを得る仕組みである」

と解説されています。

ノーベル賞に関わる研究の内容が少年漫画に端的に説明されていたんです!

 

それでは、「自食作用」とは一体、どんなものでしょうか?

分かりやすい言葉で言うと、細胞の中で起こる「新陳代謝」です。

「お肌の新陳代謝」などという言い方でよく使われます。

「古いものを壊して、新しいものを生み出す」ことです。

124328

細胞の中には、ミトコンドリアや小胞体などの

言わば、特殊な作業を専門的に処理する工場のような器官があります。

しかし、細胞が生まれて死ぬまでの間に

古くて壊れてしまったり、不必要になった工場も出てきてしまいます。

その時に細胞自身が、その器官(工場)を壊し

その原料であるアミノ酸に分解し、

細胞内に新たな器官(工場)を作る為の原料(アミノ酸)を供給してくる仕組みが

「オートファジー」なのです。

そして、このオートファジー。

私たちがお腹がすいた状態(飢餓状態)になった時に活性化します。

私たちの身体は飢餓状態というピンチに対応する仕組みがたくさん備わっています。

その仕組みの一つがオートファジーです。

こうして見ると、「トリコ」の説明が端的で的を得た説明だったことが分かりますよね。

 

スポンサーリンク




オートファジーの研究

今回、大隅先生がノーベル賞を受賞するに至ったオートファジーの研究。

最初の頃は、研究初期はそんなに注目されていなかったんですね。

遺伝子の研究が盛んになるにつれ、オートファジーがどのような遺伝子で

制御されいているのかが解明され、オートファジー自身のもつ役割も分かってきました。

そんな研究の土台を築いた成果がノーベル賞として評価された訳ですね。

 

オートファジーは何に役立つ?

オートファジーは言わば、細胞のお掃除機能。

そう言えば、最近のエアコンも自分で掃除する機能がありますが、

それと似ているかも知れませんね。

オートファジーを制御している遺伝子が分かってきて、

その遺伝子を欠損するマウスを作る実験もできるようになりました。

欠損したマウスがどうなるのかを見ることで、オートファジーは何に役立つのかを研究します。

その結果、オートファジーの働きとして、

①飢餓への対応

②細胞浄化作用・神経変性抑制作用

③腫瘍発生抑制作用

などが挙げられています。

 

①飢餓への対応

私たちはお腹がすいても直ぐに死んだりしません。

それは、オートファジーなどの飢餓への対応する仕組みのお陰です。

身体の中の重要性の低いものを壊し、エネルギーとしても使えるようにしています。

 

②細胞浄化作用・神経変性抑制作用

細胞の中で生じた老廃物や壊れてしまった細胞小器官を壊してくれます。

その働きが特に重要なのは、神経細胞だと言われています。

オートファジーの機能が低下が、アルツハイマー病パーキンソン病

原因の一つだとも考えられています。

 

③腫瘍発生抑制作用

細胞の中でエネルギーを生み出す器官であるミトコンドリア

ここでは、車のエンジンのように酸素で燃料を燃やしてエネルギーを作っています。

ミトコンドリアの中では活性酸素に絶えず発生しています。

ミトコンドリアが古くなってくると、この活性酸素も漏れ出してきて

細胞にダメージを与え、遺伝子に傷が付くとがん細胞になってしまします。

オートファジーはそんな古くなったミトコンドリアを壊してくれるので、

細胞のがん化を防いでくれています

 

オートファジーの将来

オートファジーを司っている遺伝子が解明されたお陰で、

私たちは細胞内でオートファジーがいつ、どのように起こっているかを

遺伝子の動きを見るだけで簡単に調べることができるようになりました。

現在、世界中の研究者がこのオートファジーに注目して研究しています。

近い将来、このオートファジーの機能を向上する食べ物などが開発されるかも知れません。

あながち「トリコ」の世界は現実離れしたものではないかも知れません。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ