オクラの栄養と知られざる効能!3大効果に迫る!

a74eef63beffaabee329758a275a83b8_sネバネバ系の健康野菜の代表格 「オクラ」

夏バテにも良いイメージがありますが、実際に栄養価はどうなのでしょう?

そして、ネバネバ成分が体に良い効果をもたらす正体なのでしょうか?

調べてみると、それだけじゃないことが分かってきました。

そして、オクラの知られざる3大健康効果についてご紹介します。

 

スポンサーリンク




オクラの栄養価

オクラはゆがいて食べれば、1日に5本(50g)程度は食べられます。

ゆでたオクラの50gあたりの栄養素を1日の充足率でベスト5を示します。

ここでいう充足率とは、30代女性の1日に必要な栄養素をどれだけ満たせるかを%で表したものです。

1位 ビタミンK  (58%)

2位 葉酸    (23%)

3位 食物繊維  (15%)

4位 マグネシウム (8%)

5位 銅     (8%)

 

その他にビタミンB群、ビタミンA、E、C、ミネラルを含有量は少ないですがバランス良く含んでいます。

その意味では夏バテに効果的な食材と言えます。

ネバネバ成分でパワーアップ!などを良く目にすることがありますが、

ネバネバ成分は「ペクチン」や「ムチン」と呼ばれる成分からなっています。

これらの成分は食物繊維に含められますので、食べてもエネルギーには殆どなりません。

 

スポンサーリンク




1.オクラの抗疲労効果

ビタミンやミネラルのバランスが良いオクラはそれだけでも夏バテに良さそうですが、

オクラの凄さはそれだけでは無かったのです。

 

Nutrients. 2015 Oct; 7(10): 8846–8858.

Antioxidant and Anti-Fatigue Constituents of Okra

「オクラの成分の抗酸化作用と抗疲労作用」

オクラは伝承的に滋養によいとされているので、ラットを使った実験で抗疲労作用が確認されています。

そしてこの論文では、その抗疲労作用がオクラのどの成分に寄るのか?も調べたものです。

ここでも意外な事実なのですが、抗疲労作用があったのは、ネバネバ成分が多いオクラの皮の部分ではなく、

ポリフェノールが多く含まれている種の部分に高い効果が確認されていました。

実験はラットで行われているので、ヒトに換算するとかなり大量に摂取しないと同様の効果が得られない可能性がありますが、

「オクラのネバネバ成分でパワーアップ!」というのは、どうやら無関係なようですね。

 

2.ネバネバは何に効く?オクラの免疫調節作用

それでは、オクラは無駄にネバネバしているのか?と言いたくなりますよね。

でも、そんな事はありません。 ネバネバ成分にはそれなりに効果が報告されていました。

J Med Food. 2016 Mar;19(3):253-65.

In Vitro and In Vivo Immunomodulatory Activity of Okra (Abelmoschus esculentus L.) Polysaccharides.

「オクラの多糖類の試験管内試験、試験管外試験による免疫調節作用」

オクラに含まれるネバネバ成分は多糖類です。その多糖類を精製して評価したところ、マウスでの免疫調節作用が確認されたと言う内容。

オクラのネバネバ成分には、パワーアップ効果ではなくて、体を外敵から守る強い体づくりに役立ってくれていたのですね。

 

3.オクラは血糖値も下げる!?

J Pharm Bioallied Sci. 2011 Jul-Sep; 3(3): 397–402.

Antidiabetic and antihyperlipidemic potential of Abelmoschus esculentus (L.) Moench. in streptozotocin-induced diabetic rats

「ストレプトゾトシン誘発性糖尿病ラットにおけるオクラの抗糖尿病、抗高脂血症作用」

こちらもラットを使った実験ですが、血糖値やコレステロール、中性脂肪などを下げる効果が確認されていました。

実験でラットに投与している量をそのまま人間に換算すると約50gから100gのオクラになります。

わりと食べられなくもない量です。

実験では医薬品のグリベンクラミドと同程度に血糖値を下げ、高脂血症を改善していました。

ラットでの評価とはいえなかなかの効き目です。

そして、ここでもオクラのネバネバ成分が効いているのではなく、種に含まれるポリフェノールが効いているようでした。

 

まとめ

オクラは夏バテに効果的と考えられるのは、その健康効果は栄養バランスの良さからです。

オクラの最大の特徴のネバネバ成分は、免疫を調節して体の防御機能に役立っているものの、

本来のイメージであるパワーアップ!作用は実は「種」の部分にあったのです。

いづれにしても、美味しくオクラを食べていれば、糖尿病や高脂血症も防ぐことができるかも知れません。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ