夏風邪を早く治す方法!あの食べ物が効く!

60ce021bbcf5b54d3acb0f65e85fcd5a_s

 

夏風邪は長引く。。。

いざ子供が夏風邪を引いてしまった時に実感してしまいますよね。

でも、ブルーになどなっていられません。

なぜ夏風邪になるのか?なぜ長引くのか?を理解すると

早く治すための方法が理解できます。

そんな時におススメの食べ物も教えちゃいます。

 

スポンサーリンク




夏風邪の原因

夏風邪の原因はウイルスです。

冬の風邪と違って、暖かく湿った環境を好むため夏に流行します。

夏風邪の原因となるウイルスには数種類あり、

基本的には熱が出ていわゆる風邪の症状がでますが、

それぞれ特徴があります。

(これらの種類を特定しても対処法は同じなので、お医者さんに行っても特定まではしないことが多いです)

アデノウイルス(プール熱)

喉の痛みが特徴です。

プールで感染する事が多いのでプール熱と呼ばれていますが、

くしゃみなどの飛沫感染やタオル共用でも感染します。

エンテロウイルス/コクサッキーウイルス

腸の中で増殖するタイプ。

お腹の調子が悪くなったり、口内炎が出たりします。

発熱後に手、足、口に発疹が出ると手足口病と診断されたり、

喉の奥に発疹があるとヘルパンギーナと診断されます。

これらの原因はがこのタイプのウイルスです。

エコーウイルス

症状はエンテロウイルスやコクサッキーウイルスと似ていて、腸内で増えます。

子供がよくかかりますが、大人は免疫がありかかりにくいと言われています。

 

 

夏風邪が長引く理由

夏風邪が長引くと言われていますが、実際に子供が夏に熱を出すと実感します。

これには次の2つの理由が考えられます。

1.夏バテによる免疫力低下

夏は暑くて食欲が低下したり、寝苦しくて睡眠不足になったり、

汗をかいた状態からクーラーの効いた部屋に入って体を冷やしてしまったり。

このような状態は全て免疫力を低下させ、ウイルスに感染しやすくなります。

2.連続して色んなウイルスに感染する

夏風邪のウイルスは基本的には飛沫感染ですが、

アデノウイルスのように非常に感染力の強いものもあります。

一つのウイルスの症状が治まっても、次々と他のウイルスに感染してしまうと

1回の夏風邪なのになかなか治らないという状態になります。

 

 

夏風邪感染を予防する

一度、夏風邪になってしまっても、更なるウイルス感染を予防することで

夏風邪を長引かせないようにすることも可能です。

その為にも感染予防は大切です。

1.汗をかいたらこまめに拭く

夏風邪のウイルスは冬の風のウイルスと違って、暖かく湿ったところを好むので、

汗もウイルスの感染源となりえます。

子供たちが遊んでいると汗まみれになってしまいますが、

こまめに拭いてあげたり、外から帰ったら軽くシャワーも気持ちがいいと思います。

2.少しでも症状があるときは集団の中は避ける

自分から他人への感染拡大を防止する為にも、

また、更なるウイルスへの感染を防ぐ為にも学校やプールへ行くのは

避けるべきです。

 

スポンサーリンク




早く治すための方法

夏風邪のウイルスは200種類以上あると言われており、

それぞれのワクチンを作っていられないので、今のところ特効薬はありません。

因みに、風邪をひいたら抗生物質が処方される事がありますが、

それはウイルスをやっつける為ではなく、細菌による二次感染を防ぐ為です。

抗生物質の乱用は多剤耐性菌を作ってしまうこともあるので避けたいですね。

それでは、早く治す方法が無いのか?というとコツのようなものがあります。

自己免疫力を高める

ウイルスをやっつける為の唯一の方法は免疫です。

免疫力を高めるためには、

栄養をきちんと摂る

免疫力を高めることは、体力を高めることと考えれば良いので

タンパク質、ビタミンB群、ビタミンCなどはいつもより意識的に摂りたいです。

これらの栄養は通常は肉類からの摂取になりますが、

どうしても食欲が低下しているときは喉を通らない事が多いですよね。

それでも、工夫して栄養を取るようにしないと、免疫の材料を体に届ける事ができません。

十分な睡眠をとる

睡眠は体の修復作用を促すホルモンを分泌させます。

疲れを摂ることは体力の回復を促します。

熱があって睡眠の質が下がってしまう時はまずは氷枕を試して下さい。

(首筋ではなく)後頭部の温度を下げてあげてあげると、睡眠の質が上がります。

発熱を下げすぎない

免疫力は温度が高いほうが働きが強くなります。

ウイルスに打ち勝つために体は自ら温度を上げて戦っているのです。

あまりの高熱でグッタリしてしまったり、全く寝付けないなどの状態にならない限り

解熱剤を使って無理に熱を下げてしまうと、

逆にウイルスとの長期戦になってしまうことになりかねません。

同じように、下痢もお腹の中のウイルスを排出しようとしている働きもあるので、

衰弱してしまわない限りは下痢止めも逆効果になりかねません。

 

お勧めの食べ物

これで、だいたい夏風邪の事は理解できたかと思います。

大人でも夏は冷たいものなどでお腹を壊しがち。

発熱こそなくてもなんとなくダルイ。。などは夏風邪の一種なのかも知れません。

そんな大人も子供も夏風邪の時にお勧めの食材!

それは、

ヨーグルト! です。

 

b625de153acb9954ef092d5bab37d145_s

 

ヨーグルトには免疫の材料となるタンパク質が豊富に含まれていて、

ビタミンB群も入っています。

ビタミンA、Cは少ないので、フレッシュフルーツを加えるとより良いです。

だからと言ってデザートヨーグルトにする時は殺菌されたヨーグルトで無いことを確かめて下さい。

ヨーグルトには栄養素以外にも乳酸菌の働きも期待できるからです。

夏風邪のウイルスはアデノウイルス以外は腸の中で増えるものが多いので

腸内環境を整えてあげる事は大切です。

乳酸菌を摂ることで、免疫力を高めてくれる事も期待できるので

新たな感染防止にも役立ちます。

何より、発熱して食欲がない時でも口当たりが良いですし、

消化も良くて胃腸に負担をかけません。

 

まとめ

夏風邪がいかにして感染するのかを見ることで

長引かせないコツがつかめると思います。

子供は親の思うようには動いてくれませんので、なかなか現実は難しいですが

知っているのと、知らないのとでは、大きく違います。

また、食欲がない時でもヨーグルトとフルーツなら食べやすい。

大人でも体調がすぐれない時はお勧めの食材です。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ