白菜の黒い斑点は食べても大丈夫!正体が分かれば安心。

e68b5d6672c8155bda3d83a72ee184e0_s

お鍋にはなくてはならない野菜。

それは白菜ですね。

最近では1/4株のものも売っていたり便利です。

白菜の葉を洗っている時に、黒い斑点があったことはありませんか?

カビ? 虫食いの跡? とか気になりますよね。

「食べても大丈夫なので安心してください。」と言われても

その正体が分からないと、安心できませんよね。

なので、正体を徹底調査しました。

 

スポンサーリンク




黒い斑点の名前は「ゴマ症」

ハクサイ/野菜

白菜の黒い斑点はカビや虫が原因ではなく、

白菜自身の性質で、ある条件が重なった時に生じる生理現象だそうです。

言わば、人間で言うところの“ソバカス”のようなものです。

しかし、見た目にはどちらかと言うと、美味しくは無さそうに思われるので、

この黒い斑点が発生した白菜の商品価値は下がってしまうそうです。

斑点があっても害はなく、味や栄養価も変わらないのに価値が下がってしまうのは実に勿体無い事です。

ただ、正体が知られていなくて、「なんとなく気持ち悪い」という理由だけで市場に出回らない白菜もあるかと思うと可哀想に思えますよね。

因みにキャベツの切り口が黒くなる現象も原理は同じです。詳しくはこちらの記事へ⇒http://science-star.com/kyabetunokirikuchi/

 

「ゴマ症」解明の歴史

1962年に河合 ・鈴木に よって 「バ クサ イ葉柄 ごま病 の発生に及ぼす薬 剤の影響」 として最初に報告 されました。

1976年、77年に富山県で白菜に多数の斑点が発生し、売れなくなってしまったこともあったそうです。

それから、対策研究が始まったそうです。

「〇〇病」と言われると、「食べてはイケナイもの」って感じがしますよね。。。

そして、斑点の正体が分かるにつれ、「ゴマ病」ではなくて「ゴマ症」とされています。

 

ゴマ症の正体

ゴマ症の原因は何なのか? どうして黒くなるのか?

なかなか分からなかったようですが、

1988年に富山県の農業技術センターから詳しく調べられました。

そして、黒い斑点が発生するメカニズムは

「白菜にもともと含まれるポリフェノールが酵素と反応して黒色色素が発生した」 というものです。

白菜に含まれるポリフェノールのうち、クロロゲン酸と呼ばれる成分が

ポリフェノールオキシダーゼの働きで酸化され、キノン類になることで黒点となるのです。

クロロゲン酸も酵素ももともと白菜に含まれている成分です。

ポリフェノールが酸化して生じる物質も、色の濃い野菜には普通に色素成分として含まれてるものです。

黒い斑点があっても、成分的にはなんら害のあるものではないことが分かります。

 

スポンサーリンク




ゴマ症発生の要因

それでは、どういう時にゴマ症が発生しやすいのか?

実は、これは未だにはっきりとはしていないようです。

しかし、栽培する時の栄養条件で

窒 素、カ リ、銅 の過剰

ホウ素及 び鉄の欠乏

が ゴマ症発生 となんらかの関係があ ると思われてきました。

その中でも、特に窒素の過剰の関係が詳しく調べられ、

実際の予防方法として、

「ゴマ症の発生を防止するためには、基肥窒素施用量を20kg以下にすることが必要」

とされています。

 

まとめ

白菜の黒い斑点は白菜のポリフェノールから発生したもので

「ゴマ症」という白菜の生理現象でした。

畑の土壌に肥料が多すぎると発生しやすくなるようです。

斑点のある白菜を食べてもなんら害はありませんので、安心して食べましょう!

 

スポンサーリンク




One Response to “白菜の黒い斑点は食べても大丈夫!正体が分かれば安心。”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ