アーティチョークとは?食べ方と栄養・効能、その全貌に迫る!

アーティチョークとは日本語名では朝鮮アザミといい、

蕾の部分を茹でて食べる野菜です。

日本ではあまり見かけませんが、欧米では人気の高い野菜です。

生では食べられませんので簡単な食べ方

そして、その栄養効能について調査を行いました。

 

スポンサーリンク




アーティチョークの食べ方

6e7fe4dce7af3ba7477da678a214e1e8_s

アーティチョークは写真↑のような形をしています。

しかし、緑色をしているガクの部分は殆ど食べられません。

それでは、食べられるようにするまでの処理を簡単に説明します。

1.茹でる(30分ほど)

鍋にアーティチョークを入れて、ヒタヒタの水に入れて茹でます。

約30分ほど茹でますが、

その頃合いは見た目に変化がないので時間を目安にして下さい。

アーティチョークは中心の部分しか食べられないので

鍋に入れにくい時は先っぽのガクは適当にカットしても良いです。

また、アクが強くすぐに変色するので少量のレモン汁を加えても良いです。

わりとタンパクな味なので、茹でるときに少量の塩を加えて下味をつけます。

2.剥く(ガクを取り外す)

茹で上がったアーティチョークの粗熱が取れたら、

ガクを手で取り外していきます。

根元の方のガクになってくると、付け根の部分に白く柔らかい部分がついてきます。

この白い部分は食べられます。勿体無いので取っておきます。

ガクを全部取ると、先の方に白い毛むくじゃらが現れます。

この毛むくじゃらも美味しくないのでナイフやスプーンなどでキレイに取ります。

08545edb7845456b4b27b18f370326e7_s

3.適当にカットして食べる

キレイに掃除が終わった時点で、食べる部分が圧倒的に小さくなってしまっています。

他の野菜からすると、「ほんとにこれでイイの?」と思うくらい小さい盃状のものになります。

それを適当にカットして、塩やお好みでバーニャカウダソースなどにつけて食べます。

先ほど取っておいたガクの部分も根本の白い部分だけを

前歯でこそげ取るようにして食べます。

 

アーティチョークの味

気になる味のほうですが、

ゆり根とそら豆を足して、少しクリーミーにしたような味です。

アメリカのカリフォルニが世界の生産地になっているので

アメリカ人は大好きな野菜です。

 

アーティチョークの栄養

アーティチョークは1個が約300gありますが、その8割は食べられません。

1食で1個は食べられますので約60gあたりの茹でたアーティチョークの栄養素を

充足率の高いものから挙げてみます。

ここでいう充足率とは30歳未満の成人女性が1日に必要とする栄養素のうち

どの程度を満たせるのかを%で表したものです。

1位  食物繊維  (30%)  5g

2位  葉酸    (19%)  45.6μg

3位  マグネシウム (10%)  27.6mg

4位  カリウム   (9%)   288mg

5位  ビタミンC   (7%)  6.6mg

6位  パントテン酸 (7%)   0.3mg

7位  ナイアシン  (6%)   0.7mg

 

やはり、蕾の付け根の部分の栄養素なので栄養素のバランスが

他の野菜とは違っていますね。 食物繊維が豊富です。

また、マグネシウム、カリウムなどのミネラル分も多いので

美容にいい野菜ですね。

 

スポンサーリンク




アーティチョークの効能

葉の部分

何とも風変わりな見た目をしているので、特別な効能がありそうな気がしますよね?

早速、文献検索で調べてみました。

アーティチョークは昔から薬草として世界中で使われてきたようです。

しかし、それは野菜として食べる部分ではなく、「葉」の部分です。

アーティチョークの葉はハーブティーとして飲まれます。

その味は、ものすごーーーく!苦いです。

葉に含まれる成分も研究が進んでいて、シナリンと言われるポリフェノールや

フラボノイド類、シナノピクリンというテルペン類などが有効成分と言われています。

主な効能は、

・コレステロール低下

・肝機能改善、肝臓保護作用

・消化器系機能改善

・過敏性大腸症候群改善

などです。それぞれ、人を使った有効性を確認した研究成果もたくさんありました。

しかし、アーティチョークの葉に含まれるシナリンやシナノピクリンなどの成分は

アーティチョークのガクの部分には殆ど入っていないため

野菜として購入した部分からこれらの効能は期待できません。

 

蕾の部分

実際に我々が野菜としてアーティチョークを食べた時にどんな恩恵に預かれるのか?

そこにこだわって調査をしてみましたが、ちゃんとありました。

栄養成分でも食物繊維が多いことからも、実はアーティチョークはお腹に優しいのです。

Br J Nutr. 2010 Oct;104(7):1007-17.

A double-blind, placebo-controlled, cross-over study to establish the bifidogenic effect of a very-long-chain inulin extracted from globe artichoke (Cynara scolymus) in healthy human subjects.

プラセボ、二重盲検、クロスオーバー試験による健常人におけるアーティチョークの長鎖イヌリンが善玉菌に及ぼす影響

アーティチョークの食物繊維の中にはイヌリンと言われる水溶性の食物繊維があり、

その構造は特徴的で、とても長い鎖状になっています。

イヌリンは腸内環境を改善する作用があります。

アーティチョークの特徴的なイヌリンも腸内環境を良くする働きが人を使った研究で明らかにされていました。

お腹の調子を整えたい女性は多いですよね。

アーティチョークはそんな女性に優しい野菜だったのです。

 

まとめ

あまり馴染みのないアーティチョークですが、

一度食べたらやみつきになるそうですよ。

食物繊維やミネラルが豊富で、

お腹に対する効果もちゃんとあるので、女性に優しい野菜です。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ